パイオニアがBMWとMINIに対応した専用スピーカーを発売

2019年夏モデルを発表したパイオニア。2019年6月から発売されるBMW専用スピーカー「TS-H101-BM」は、文字どおりBMW用にチューニングが施されていて、ハイレゾ音源再生にも対応した高音質が特徴です。

対象車種は、1シリーズ(F20型、2011年~)、2シリーズ(F45型、2014年~)、3シリーズ(F30/F31型、2012年~)、4シリーズ(F33型、2014年~)、MINI(F55/F60型、2013年~)。

同スピーカーは、「Open&Smooth」コンセプトによる広い音場と豊かな情報量で臨場感のある音を再生することが可能としています。

「Open」は、開放的な音の鳴り方や音場がスピーカーの間隔より広く感じられるようなステージ感、「Smooth」は、ウーファーとトゥイーターの音がスムーズにつながっている状態を表すそう。

「Open & Smooth」コンセプトにより、低歪みと広指向性で優れた空間描写を実現。専用磁気回路の開発やパーツの選定、インラインネットワークの採用などBMW専用のチューニングが施されることで豊かで臨場感のある音を実現し、トゥイーター部には、低歪みと58kHzまでの広域再生を実現する「2.9cmバランスドドームダイアフラム」、振動板への伝達ロスが少ない「頂点駆動方式」が採用され、中域から高域まで明瞭な音を再生。ウーファー部は、カーボン素材を含有した「IMCC(Injection Molding Carbonized Cone)」振動板の採用により、豊かな低音再生が可能。

BMWの車室内環境を解析した専用サウンドチューニングキット(制振シート、マルチファンクションマット、遮音パッキン)は、ドアの内部で発生する不要共振の低減や逆相音の遮蔽など、車内の音場が補正できます。付属の車種別取付マニュアルに沿って各パーツを取り付けるだけで、理想的な音響空間でスピーカー本来の音を楽しめるそうです。

「TS-H101-BM」の価格は30,000円(税別)です。対象のBMW、MINIモデルにお乗りの方でより高音質を楽しみたい方は要注目です。

(塚田勝弘)

『パイオニア』の最新記事

スマートフォン感覚で使いやすい! パイオニア・カロッツェリア史上最高の高画質「楽ナビ」で、秩父三峯神社の御朱印を貰いに行ってきた(PR)
ワイヤレス充電Qiと電動オートホールドを備えた高性能スマホ・ホルダーがパイオニアから登場
車内でスマホ・アプリを安全、便利に使える2DINユニット、パイオニア「FH-8500DVS」
ヘッドレストが取り外せない輸入車や「凹型形状シート」にも取付可能な後席用モニターがパイオニアから発売
パイオニアがスマートフォンリンクの機能を強化。「Amazon Alexa」「ドライビングサポートアイ」に対応
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事