カスタムイメージを強調する新カラーリングを採用【ヤマハ・ボルトABS/ボルト Rスペック ABS】

■ボルトは「ブラックメタリック」、ボルトRスペックは「マットシルバー」がベース

低いハンドル、短い前後フェンダー、そして虚飾を廃したスタイル。それが「ボバー」と呼ばれるカスタムのポイントです。

ヤマハのボルトは、その「ボバー」のテイストを取り入れたクルーザーモデル。空冷の941ccV型2気筒エンジンを搭載し、高速巡航はもちろんですが、そのルックスから想像する以上にスポーティなコーナリングも楽しめる1台です。

そんなボルトがこの度、カラーリング変更されました。

ボルト ABSは、「ブラックメタリックX」をベースに、燃料タンク天面にシンプルな「BOLT」ロゴグラフィックを採用し、ボバースタイルのカスタムイメージを強調しています。


また、ゴールドリザーバータンク付きリヤサスペンションや切削加工を施したキャストホイール、バックスキン調シートなどを装備した上級仕様のボルト Rスペック ABSは、「マットシルバー1」をベースに赤いストライプを燃料タンクサイドにあしらい、カジュアルかつスポーティなイメージを強調するカラーリングとなっています。


価格はボルト ABSが961,200円、ボルト Rスペック ABSが1,006,560円で、どちらも5月16日発売です。

(クリッカー編集部)

『ヤマハ発動機』の最新記事

ヤマハYB125SPはスクーター並みに気軽に乗れて街乗りが5倍楽しくなる激安125だった!
125ccのSR? ヤマハYB125SPは新車でも10万クラスで買える、財布にも見た目的にも可愛い相棒だった
ヤマハセローはここがすごい! オフ入門からハイエンドまでオススメできる、楽しさが詰め込まれたバイク
ヤマハが「バッテリーシェア」対応の電動スクーター・EC-05を台湾で発売
ヤマハYZF-R25が大胆チェンジ! MotoGPマシンを連想させる精悍フェイスに大変身
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事