高速道路で日産GT-Rのステアリングを握れるチャンス! NEXCO中日本と日産自動車が高速道路で試乗会を開催

NEXCO中日本と日産自動車が高速道路上で発着するという、初の試乗会を行います。これは、2019年5月のE1東名高速道路(E1東名)全線開通50周年と日産GT-R、フェアレディZの誕生50周年を記念した特別コラボレーションイベントになります。

今年、ともに50周年を迎えるE1東名と、日産のみならず日本を代表するスポーツカーである日産GT-Rがタッグを組み、E1東名の足柄サービスエリア(SA)(上り)を発着点として、参加者自身が高速道路を運転する体験試乗会。これは高速道路上を発着する試乗会として初の試みで、ほかにもGT-RとフェアレディZの新型車両の展示や、ヘリテージカー(歴代の名車)を巡るスタンプラリー、日産オリジナルグッズの販売も行われます。

開催日は、2019年5月25日、26日で、時間は10:00~18:00の予定。試乗コースは、E1東名 足柄SA(上り)の発着で、足柄スマートインターチェンジ(IC)から駿河湾沼津スマートICを折返す約50kmのコースです。募集人数は23組(2日間合計)でもちろん事前予約制。試乗車両は2020年モデルの日産GT-R。

申し込み方法は、専用募集サイトで登録し、募集人数が多数となった場合は抽選になります。

なお、当日の試乗車両が変更となる可能性があるほか、試乗は年齢35歳以上で普通自動車運転免許取得1年以上の方。同乗者は6歳以上、2名様まで後席に同乗できます。

最新の2020年モデルである日産GT-Rを高速道路で試乗できるというチャンス。抽選必至でしょうが、気になる方はぜひエントリーしてみてください!

(塚田勝弘)

【関連サイト】

GT-R 50周年記念 東名高速道路試乗会
http://www2.nissan.co.jp/EVENT/GTR/50th

『日産自動車』の最新記事

【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】軽自動車用に開発された最新パワートレインをチェック
「インテリジェント高速道路ルート走行」で手放し運転ができる根拠と、手放し運転の作動時間は?【日産プロパイロット2.0】
プロパイロット2.0が実現するインテリジェント高速道路ルート走行とは?【日産プロパイロット2.0】
手放し運転が可能となる世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を今秋発売のスカイラインに搭載【日産プロパイロット2.0】
日産グローバル本社ギャラリーで開催される「ゴールデンウィークイベント」親子で楽しめるコンテンツが盛りだくさん

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事