【新車】ジープ・レネゲードに高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」と安全装備も充実した「ロンジチュード」を追加

●全3モデルから選択可能になったジープ・レネゲード

2019年2月にマイナーチェンジを受けたジープのコンパクトSUV「Renegade(レネゲード)」。Fiat 500Xと兄弟車といえる存在でありながらジープらしい雰囲気と新世代ジープららしいデザインを兼ね備えています。

2019年5月18日、ジープ・グランドチェロキーの「トレイルホーク」と同時に設定される高いオフロード性能を誇る「Trailhawk(トレイルホーク)」と、ベースモデルとなる「Longitude(ロンジチュード)」を追加設定されます。従来は「Limited(リミテッド)」のみでしたが、全3モデルから選択が可能になります。

「トレイルホーク」は、力強い走行性能を発揮する高出力バージョン。最高出力が179PSにまで高められたハイチューン仕様の1.3Lエンジンが搭載され、トランスミッションは9速AT。オンデマンド式の4WDシステム「セレクテレイン」により、滑りやすい路面でも安定感ある走りを実現するとしています。

さらに「トレイルホーク」には、新たにLED 式ヘッドライト、フォグランプ、デイタイムランニングライトが採用されたほか、新デザインの17インチアルミホイールを装備。さらに、インフォテインメントシステム「Uconnect」に地上デジタルテレビチューナーが追加され、装備もさらに充実しています。

ベース仕様の「ロンジチュード」には、ドライバーの負荷を軽減する「LaneSense車線逸脱警報プラス」や、「クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)」付の前面衝突警報を追加。また、ステアリングホイールがしっかりとしたホールド感を得られる テクノレザー(合成皮革)表皮に変更されたほか、新デザインの16インチアルミホイールが足元を演出しています。価格は「ロンジチュード」が2,935,000円、「トレイルホーク」が3,800,000円です。

(塚田勝弘)

『ジープ』の最新記事

JEEP WRANGLER RENEGADE
その名は「ビキニ・エディション」! ジープ・ラングラーとジープ・レネゲードに夏のビーチが似合う限定車が登場
アルファ ロメオ、フィアット、アバルト、ジープの全車種で計5年間安心して乗れる延長保証を開始
【新車】ラングラー・アンリミテッド・ルビコンに電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を備えた限定車が登場
【新車】ブラックのアクセントカラーが渋さを醸し出す限定車「ジープ・レネゲード・ナイトイーグル」
【新車】内外装の質感を向上。ジープ史上最速を誇るグランドチェロキー・トラックホークが一部改良を実施
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事