【新車】ジープ・グランドチェロキーに人気の「トレイルホーク」が100台限定で設定

●電子制御式LSD・エアサスペンションを備え、グランドチェロキーの魅力を強調

2019年4月13日に「アルティテュード」を設定するなど、限定車や特別仕様車も投入することで、デビューから高い人気を保つ最上級SUVのジープ・グランドチェロキー。

アルティテュードから約1か月後になる5月18日、特別装備と高い悪路走破性が魅力の「Grand Cherokee Trailhawk(トレイルホーク)」が設定され、100台限定で発売されます。

ジープの限定車などでお馴染みのグレード名である「トレイルホーク」。今回設定されたグランドチェロキー・トレイルホークは、プレミアム性と高いオフロード性能を併せ持つ、グランドチェロキーの本来の魅力を強調した仕様です。

リヤアクスルに電子制御式LSDが用意された「クォドラドライブⅡ 4×4システム」が搭載され、滑りやすい路面でも優れたトラクションを発揮。さらに、急勾配路を一定の低速で安定して上ったり下ったりできる「セレクスピード コントロール」も装備され、雪上や凍結路など慎重なアクセル、ブレーキ操作が要求される状況でドライバーの運転操作をサポートします。

外観は、同限定車専用のナチュラルグレーをアクセントとしたブラックグリルやフォグランプベゼル、ドアミラーカバー、マットブラックボンネットデカールにより精悍さを主張。また、オフロード走行時にボディ下部を保護するスキッドプレートが4か所に装備されるほか、レッドカラー仕上げの牽引フックや専用18インチアルミホイールなどにより、機能性も兼ね備えたタフなルックスが演出されています。

ブラック基調の内装は、レッドステッチが配されたインテリアトリムや、「TRAILHAWK」のロゴ入りレザーシートにより、上質な空間に仕立てられています。

先進安全や運転支援装備は、「Limited(リミテッド)」に準じていて、アダプティブクルーズ コントロール(STOP機能付)やクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、LaneSense車線逸脱警報プラスなどを搭載。またエアサスペンションが搭載され、優れた乗り心地と悪路走破性を両立。

ボディカラーは2色展開で「グラナイトクリスタルメタリック・クリアコート」が80台、「ダイアモンド ブラッククリスタル・パールコート」が20台の計100台限定。価格は6,300,000円です。

(塚田勝弘)

『ジープ』の最新記事
トレイルホークフロントスタイル
ジープもEVへシフト。意外なほど親和性は高い【ジープ・レネゲード4xe試乗】
ジープ 80周年記念限定車
2021年に誕生80周年を迎えるジープが80周年記念限定車に人気のボディカラー導入へ
ジープ・ラングラー・アンリミテッド
ジープ・ラングラー・アンリミテッドの「サハラ3.6L」と「ルビコン」に、ミリタリーカラーが際立つ特別仕様車を計300台限定で設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事