ホンダ・モンキー125がサイドカーに変身! キュートなルックスで注目度はバツグン【モーターサイクルショー注目TOPICS】

■愛妻とツーリングもよし、愛犬を乗せるもよし。小さいけれど可能性はビッグなサイドカー

サイドカーのスペシャリストであるエムクラフトが展示していたのが、モンキー125のサイドカーです。丸みを帯びたフォルムのサイドカーがモンキー125と組み合わされることで、一段と可愛らしい存在感を漂わせています。

エムクラフトでは数多くのサイドカーをラインナップしているのですが、今回モンキー125に組み合わされたのは「TC2」というタイプ。本体サイズは全長130cmで、大人でも意外なほどリラックスした姿勢で座ることができます。オーナーの中には、サイドカーに愛犬を乗せてツーリングに出かけられる方も多いそうです。

「TC2」の価格は取り付け工賃込みで37万円。ツートーンカラー(プラス3万1500円)、スペアタイヤ(2万5000円)はそれぞれオプションとなっています。

出展車のモンキー125でユニークだったのはリヤタイヤ。軽自動車用のタイヤに履き替えていたのです。サイドカーはコーナリング時にもバンクしないので、特にリヤタイヤの真ん中だけが減ってしまいがち。そこで、トレッド面が平らなクルマ用のタイヤに履き替えることで、ロングライフ化を図っていたのです。

 

モンキー125の純正タイヤのサイズは130/80-12なのですが、ホイールもそのままで特に問題なく135/80R12の軽自動車用タイヤに交換できたそうです。

エムクラフトでは、この他にもミニバイク用サイドカーを中心に、ハーレーなど大型バイクのサイドカーやトライクなども扱っています。バイクへの取り付け方法など、数多くの実績とノウハウを有するショップなので、サイドカーに興味が出てきた方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

(長野達郎)

『ホンダ・モンキー』の最新記事
ホンダ・モンキー・ヒストリー第3回タイトルバック
まさかの生産終了…そして125ccになって奇跡の復活!【ホンダ・モンキーHISTORYその3】
ホンダ・モンキー・ヒストリー第2回タイトルバック
スポーティな「R」やオフ風の「BAJA」など新たなファミリーも続々登場!【ホンダ・モンキーHISTORYその2】
ホンダ・モンキーヒストリー第1回タイトルバック
モンキーの名前の由来は「野猿街道」でテストしたから!?【ホンダ・モンキーHISTORYその1】
ホンダ・モンキー125にブルー系の新色が登場! クールに乗るならコレで決まり!!
モンキー125のカスタムユーザー待望のアルミフレームがGクラフトから登場!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事