苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話

【NMKVの存在こそが新しいクルマを生み出す力の源である】

先日、日産デイズ、三菱ekシリーズのオフライン式が行われ、いよいよNMKVが手がける2代目が登場することが発表されました。

NMKVというジョイントベンチャーが発表されたのは2011年のことでした。NMKVというのはNissan Mitsubishi Kei Vehicleからつけられたネーミングで、その名のとおり日産と三菱が共同して軽自動車作る会社という意味です。

2つの大きな自動車会社が共同でクルマを作るというのは非常に難しいことです。どこの自動車会社でも、自分の製品に自信と誇りを持っています。そうしたなか、共同でクルマを作り出すということは、お互いをリスペクトし合わないとできないことでしょう。そうした苦悩のなかで生まれたクルマが初代日産デイズと3代目ekワゴンでした。

この初代日産デイズと3代目三菱ekワゴンは三菱が中心となって開発を行ない、三菱が生産を担当するクルマでした。しかし3月中に発売が予定されている2代目日産デイズと4代目三菱ekワゴンは、日産が開発を担当、生産は三菱が行うというようにその担当部門が変わりました。

現在はアライアンス関係がある2社ですが、元々はまったく別の会社なわけです。その2社がいかにしてクルマを開発し、そして生産にまでこぎ着けたか? この苦しい道のりを実現した裏方、いや主役がNMKVという会社の存在だったのです。

日産自動車、三菱自動車工業、NMKVの3社がいかにクルマを作り上げてきたかという物語がwebサイトで紹介されています。

どこまで明かすか? はきっと苦悩したことでしょう。クルマ好きならばぜひとも一読の価値があり、工業界においてジョイントベンチャーを成功させるためのヒントを見つけることができる……そんな物語を読むことができます。

(文・諸星陽一)

【関連リンク】

NMKVの活動 | NMKV
http://nmkv.com/activity/index.html

『日産自動車』の最新記事

国が創設した「衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度」で日産自動車が11車種の認定を取得
高速道路で日産GT-Rのステアリングを握れるチャンス! NEXCO中日本と日産自動車が高速道路で試乗会を開催
フェアレディZの50周年記念車「フェアレディZ 50th Anniversary」は2020年3月末までの期間限定モデル【新車】
伝説のカラーリングを再現! フェアレディZの50周年記念モデル登場に往年のファンは涙腺崩壊
新型シルフィが日産GT-R同等の空力性能を実現! 100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」も進化!!【上海国際モーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事