ユーザーの応援がマシンのパワーをアップさせる「ファンブースト」で、Formula Eをもっと楽しもう

そんなアタックモードと違い、ファンブーストはその名の通りファンに選ばれたドライバーにしか使えないパワーアップです。

ファンブーストを使うと、通常200kwの出力が最大250kwまでパワーアップできます。ちなみに単純に馬力換算すると、200kwが約270ps(国産車でいうとランエボ3くらい)で、250kwになると約340ps(Z34くらい)になります。

そしてファンブーストやアタックモードを使ってパワーアップしている時は、ハロに装着されたLEDが光るようになっていますので、いつどのドライバーのマシンがパワーアップしているのかが視覚的にわかるようになっています。

お気に入りのドライバーやチームに投票する方法は3つあります。

1.Formula E公式ホームページから投票
2.Twitterでハッシュタグ #Fanboost と、ドライバー名のハッシュタグ #Drivername をつぶやく
3.iOSやandroidの公式アプリから投票

投票期間はレース開催の6日前から始まり、終わりはなんと!決勝レーススタートから15分後に締め切られます。ですので、予選の結果やレース序盤の展開を見ながら投票することもできるんです。こんな応援方法、今までにはなかなか考えられなかったですよね。

アタックモード中のGen2マシン(© FIA Formula E)

アタックモードはレース開始3周目以降、ファンブーストはレース45分+1周のうちの後半22分以降から使えるようになります。アタックモードの使用条件やアクティベーションゾーンはサーキットによって異なり、決勝レースのスタート1時間前を目処にFIAから参加チームへ通達されるため、それをどう使うのかといった戦略もサーキットやチームによって様々です。

他のレースには無い2つのパワーアップモードに注目して、Formula Eをより楽しんじゃいましょう!

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
オートスポーツ誌2005年12月29日号
井出有治のF1見解・オールジャパンに拘らず才能ある若手レーサーが海外でも認められる環境を! Part.2
2019F1日本GP
さすがF1! 台風前日の鈴鹿サーキット&ドライバーはどんな様子だった?【F1日本GP2019】
トップを走る8号車
2019WEC富士6時間レースを制したTOYOTA GAZOO Racing。実は富士では圧倒的強さを誇っていた。
2019F1日本GP
ドライバーの素顔が分かる?プレスカンファレンスに初潜入してきました【F1日本GP2019】
DTMグリッドガール_000
DTMで魅せた!グリッドガール全車ならぬ全者総覧【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事