【グランド チェロキー雪上試乗】ジープの最上級SUVはアメリカンなフィールで安心感もハイクラス

●V6モデルでも低速域から太いトルクを感じるアメリカンなフィールを感じられる

ジープ・ラインナップの頂点にあるモデル、グランド チェロキー。その上級グレードのサミットに雪上で乗りましたので報告します。

ボディサイズは全長4880・全幅1945mm・全高1805mmとたっぷりしたもの。価格は675万円となります。

エクステリアでの特徴としては、ジープブランド共通の7スロットグリルのほか、LEDのフロントフォグ&デイタイムランニングライトを採用した特徴的な顔つきが挙げられます。また各ホイールアーチが半円型ではなく台型になっているのもジープ・ブランドのアイデンティティです。

サミットではポリッシュ仕上げの20インチアルミホイールと265/50R20オールシーズンタイヤが装着されます。

搭載されているエンジンはV型6気筒3604ccユニット。最高出力290ps/6400rpm・最大トルク35.4kgm/4000rpmとなります。

インパネや操作系はアメ車らしい大らかなデザイン。ギアセレクターレバーは自動車というよりもクルーザーや飛行機の操縦桿といった風情で、独特の世界観があります。

前後席周りの空間は広く、非常にゆったりしたスペースとなっています。

実際に雪道を走ります。グランド チェロキーには走行モード選択スイッチが備わっており、スノー、サンド、マッド、ロック、スポーツ、オートからモードを選べます。今回はスノーをセレクトしました。

コーナリングの際、ハンドルの切り始めこそ低ミュー路ゆえの応答遅れを感じますが、すぐさま4輪グリップを最適化する制御が働きます。このためまったく不安なく特設コースを走り抜けることができました。

グランド チェロキーシリーズには他にV8エンジン搭載モデルも用意されています。が、このV6でも低速域から太いトルクを出してくれるフィールに、アメリカらしさ感じることができましたよ。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ジープ』の最新記事

【新車】「ジープ・レネゲード」がマイナーチェンジ。洗練された外観デザインに一新し、高出力で高効率の新1.3Lエンジンを搭載
【ジープ・チェロキー雪上試乗】初のフルモノコックボディでも独自の駆動制御モードで安心感ある走り
【新車】ジープ・コンパスが一部改良で安全・快適装備を充実化。価格は3,230,000円〜
【新車】ジープ・グランドチェロキーにスポーティで高級感漂う「S Model」が120台限定で設定
【新型ジープ・ラングラー・アンリミテッド試乗】新型ラングラーはどこが進化したのか? アンリミテッドの仕上がりは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事