【新車】シトロエン史上、日本で最も売れている現行C3にアートな雰囲気が漂う「C3 JCC+」が登場

●「JEAN-CHARLES DE CASTELBAJAC」ブランドとのコラボで産まれた「C3 JCC+」

日本におけるシトロエン史上、最も売れているモデルという現行C3。しなやかな乗り味、確かなハンドリングなどに加えて、ほかのBセグメント各モデルとは一線を画す個性満点の内・外装が美点です。

2019年1月28日発売されたシトロエン「C3 JCC+」は、2018年に発表された「E-MEHARI×Jean-Charles de Castelbajac」コンセプトカーでのコラボレーションから生まれた限定100台の特別仕様車。

元々ノーマル仕様でも十分なインパクトを放つC3ですが、このファッショナブルな「C3 JCC+」では、アート、デザイン、そしてファッションを愛する人々に強いインスピレーションを与えるはずとしています。カスタマイズは多岐にわたり、「JEAN-CHARLES DE CASTELBAJAC」ブランドのアイコニックな3色「パッションレッド」「ホープブルー」「ラディアンスイエロー」をアクセントカラーとして随所に配されています。

外観ではルーフに赤、フロントフォグランプのベゼルの青、ミラーのイエロー、C3のサイドビューで最大の特徴であるエアバンプにも青のアクセントを付加。

内装では、インパネのベゼル部分に青を、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にイエローがあしらわれています。またフロアマット、Cピラー、リヤゲートおよびバニティミラーにブランドのロゴマークが入り、シフトレバー基部には、シリアルナンバー入りのスペシャルプレートが配されています。

「C3 JCC+」の価格は、2,580,000円。なお、エンジンは1.2Lの直列3気筒ターボ、6ATとの組み合わせのみになります。

(塚田勝弘)

『シトロエン』の最新記事
乗り心地の良さ、素直なハンドリングなど、走りのよさは人気コンパクトカーのC3譲り【シトロエン C3 エアクロス SUV試乗記】
室内と荷室の広さはファミリー、アウトドア派向き。ベースのシトロエンC3との違いは?【シトロエン C3 エアクロス SUV】
日本でも扱いやすいサイズでソフトな乗り心地を実現した、シトロエンらしいSUV【シトロエン C5 エアクロス SUV試乗記】
両側スライドドアのシトロエンBERLINGO(ベルランゴ)のローンチエディションが登場【新車】
シトロエンC5エアクロス フロントスタイル2
さすがバカンスのある国のSUV。タップリサイズのパッケージング【シトロエンC5エアクロスSUV試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事