【新車】ダイハツがマレーシア向けに7人乗りコンパクトSUVの「アルス(ARUZ)」を発売

●世界的なSUV人気を受けて、手頃な価格のモデルとして登場した「アルス(ARUZ)」

ダイハツは、マレーシアの自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥアを通じて国民車「アルス(ARUZ)」を1月15日に発売しました。

プロドゥアはマレーシア第二の国民車メーカーで、小型車を中心としたラインナップが特徴。新発売された「アルス」は、同社の「アジア」、「ベザ」、「マイヴィ」に続くプロドゥア構造改革第4弾の商品であり、7人乗りのコンパクトスタイリッシュSUVという位置づけです。

世界的なSUV人気の中、マレーシア市場でも同様のニーズが高まっているそうで、国民車メーカーであるプロドゥアがマレーシア市場に向けて手頃な価格のSUVとして新開発。

ベース車両は、2017年11月にインドネシアでフルモデルチェンジしたコンパクトSUVの「テリオス」。内・外装デザインやユーティリティ装備などはマレーシア市場のニーズを反映し、マレーシアのユーザーに最適なモデルとされています。

また、マイヴィで採用された衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」がアップデートされて採用されています。「アルス(ARUZ)」のボディサイズは、全長4435×1695×1740mmで、1.5Lエンジンを搭載し、後輪を駆動します。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。