【新車】ダイハツがマレーシア向けに7人乗りコンパクトSUVの「アルス(ARUZ)」を発売

●世界的なSUV人気を受けて、手頃な価格のモデルとして登場した「アルス(ARUZ)」

ダイハツは、マレーシアの自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥアを通じて国民車「アルス(ARUZ)」を1月15日に発売しました。

プロドゥアはマレーシア第二の国民車メーカーで、小型車を中心としたラインナップが特徴。新発売された「アルス」は、同社の「アジア」、「ベザ」、「マイヴィ」に続くプロドゥア構造改革第4弾の商品であり、7人乗りのコンパクトスタイリッシュSUVという位置づけです。

世界的なSUV人気の中、マレーシア市場でも同様のニーズが高まっているそうで、国民車メーカーであるプロドゥアがマレーシア市場に向けて手頃な価格のSUVとして新開発。

ベース車両は、2017年11月にインドネシアでフルモデルチェンジしたコンパクトSUVの「テリオス」。内・外装デザインやユーティリティ装備などはマレーシア市場のニーズを反映し、マレーシアのユーザーに最適なモデルとされています。

また、マイヴィで採用された衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」がアップデートされて採用されています。「アルス(ARUZ)」のボディサイズは、全長4435×1695×1740mmで、1.5Lエンジンを搭載し、後輪を駆動します。

(塚田勝弘)

『ダイハツ』の最新記事

ダイハツの後付け安全装置「つくつく防止」が旧型ムーヴ(4代目)とミラ(7代目)にも対応
【ミラ トコット試乗】ダイハツの「プリティ軽」トコットは一般道から高速道路まで乗り心地しっとり
【新車】CFRP製ハードルーフを備えたコペン・クーペが200台限定で登場。価格は2,484,000円〜
【東京オートサロン2019】ダイハツは市販予定車のコペン・クーペやミラ・トコットなどのコンセプトカーを出展
ダイハツがアトレーワゴンをベースとした車両で「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参画

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事