【新車】トヨタのMクラスミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」が先進安全機能を向上

2019年1月7日、トヨタの5ナンバー(小型車)サイズミニバン「ヴォクシー」、「ノア」、「エスクァイア」が一部改良を実施しています。

改良のポイントは先進安全装備にあります。衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense』では、歩行者(昼間)も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)へと進化しています。さらに、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」も新設定。

このインテリジェントクリアランスソナーを装着することで政府が進める「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に相当することになります。

パワートレインが、2.0Lガソリンエンジンと1.8Lハイブリッドというのは従来通り。7人乗り/8人乗りの両パッケージが幅広く設定されているのも変わりません。

メーカー希望小売価格(消費税込み)はヴォクシーとノアが2,509,920円~3,286,440円。エスクァイアは2,664,360円~3,376,080円となっています。なお、ガソリンエンジン車には194,400円高~205,200円高で4WD車が用意されています。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事

業績好調のトヨタ。「EV」早期具現化のため夏ボーナスを減額する理由とは?
GR Garage 東京 北池袋のオープン記念イベント開催。GR Garageとはどういう場所なの?
トヨタとSUBARUが共同開発するEV用プラットフォームは、CセグからDセグメントのセダン、SUVなどの複数車種を各ブランドがリリースへ
トヨタ自動車が国際オリンピック委員会にFCVのMIRAIを8台納車
【新車】トヨタ・ハイラックスがマイナーチェンジでACCを採用。運転支援機能を充実させた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事