【新車】トヨタのMクラスミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」が先進安全機能を向上

2019年1月7日、トヨタの5ナンバー(小型車)サイズミニバン「ヴォクシー」、「ノア」、「エスクァイア」が一部改良を実施しています。

改良のポイントは先進安全装備にあります。衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense』では、歩行者(昼間)も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)へと進化しています。さらに、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」も新設定。

このインテリジェントクリアランスソナーを装着することで政府が進める「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に相当することになります。

パワートレインが、2.0Lガソリンエンジンと1.8Lハイブリッドというのは従来通り。7人乗り/8人乗りの両パッケージが幅広く設定されているのも変わりません。

メーカー希望小売価格(消費税込み)はヴォクシーとノアが2,509,920円~3,286,440円。エスクァイアは2,664,360円~3,376,080円となっています。なお、ガソリンエンジン車には194,400円高~205,200円高で4WD車が用意されています。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタが自動運転用精密地図の「自動生成」実証実験を4月からスタート
塚本奈々美、2年目のTGRラリー参戦は新チームGR TOKYO Racingから!
「GT4」を想定したスタディモデル「GR Supra GT4 Concept」が発表【ジュネーブモーターショー2019】
トヨタが「Toyota Safety Sense」とドライブレコーダーの画像データを使った高精度地図自動生成の実証実験を開始
寿命を全うしたトヨタ「プリウス」の電源装置が水力発電システムとして蘇る!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事