ブリヂストン「トランザ T005A」がレクサス・UXのOEタイヤに採用

2018年12月21日、ブリヂストンは新型レクサスUXに、「TURANZA T005A(トランザ)」をOE(標準装着)タイヤとして納入するとアナウンスしました。

サイズは215/60R17 96H、ランフラットタイヤは225/50RF18 95V。レクサスUXは、スタイリッシュな内・外装デザイン、レクサスにふさわしい高い質感で、従来よりも幅広いユーザーに訴求する期待のSUVといえます。

トランザは、ロングドライブでの快適性と高速運動性能を高次元でバランスさせたブランドで、今回装着される「TURANZA T005A」は、新型レクサスUXの特徴である優れた操舵応答性、操縦安定性、上質な乗り心地の実現に貢献するとしています。

さらに、18インチサイズに標準装着されるランフラットタイヤは、内圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離を走行できるため、急なパンクでも安全な場所まで移動して停車することが可能。スペアタイヤ(応急用タイヤ)が不要になることから、車両の軽量化や省資源化などにも貢献します。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事

レクサスが日本の匠に焦点を当てたドキュメンタリー番組を3月19日から配信
レクサスが世界累計販売台数約1,000万台を達成。LSとESからスタートしたラインナップの今後は?
イタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2019」にLEXUSが出展
【レクサスUX試乗】ちょっと頑張れば買える!? 「手が届くレクサス」は乗り味も上々
光学ミラーに代わり採用が進む「デジタル・アウターミラー」その効能は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事