自動車学校が「ドローン」の操縦教習をスタート。その背景とは?

少子化やクルマ離れの影響から、教習生徒数が年々減少傾向にある「自動車学校」。新聞報道等によると、ピークだった1988年の264万人をピークに、昨年は156万人と約4割近く減少しているそうです。

こうした事態を受け、愛知県のCBC自動車学校が災害対策や映像撮影、建設分野などでの活用が進む「ドローン教習」を開始。自動車学校の広い敷地を利用してドローンの操縦士を育成しようというもので、受講者は国土交通省認定「無人航空機管理団体WES-VI」発行のライセンスが得られるそうです。

ただ、政府内では安全飛行のための法整備や資格制度作りが追いついておらず、2020年以降となる見込み。その一方で、ドローンの落下事故が発生するなど、飛行中の安全確保が課題になりつつあります。

そこで、教習ビジネスでは先駆的存在の「自動車学校」の出番という訳です。今後、安全面からドローン操縦ライセンス需要の高まりが予想されることから、日本全国の自動車学校では、今回ご紹介した「ドローン教習」の如く、生き残りをかけた多角経営に踏み出すケースが増加しそうです。

Avanti Yasunori

【関連リンク】

無人航空機管理団体WES-VI    http://wes-vi.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事