【新車】ダイハツ・タント/タントカスタムに装備を充実させたお買い得な特別仕様車「VS」シリーズを設定

軽自動車の月間販売台数でほぼ毎月1万台を超え、軽ベスト5の常連であるダイハツ・タント。2018年12月3日、特別仕様車「VSシリーズ」が発売されました。

ダイハツ・タントは、 広大なスペースを誇る軽ハイトワゴンとして、 2003年の発売以来、エグゼや福祉車両を含むタント・シリーズ累計200万台以上を販売し、ファミリー層を中心に根強い人気を誇っています。

今回設定された特別仕様車「VSシリーズ」は、 X“VS SAⅢ”、カスタムX“トップエディションVS SAⅢ”、 カスタムRS“トップエディションVS SAⅢ”の3種類。ベースグレードに対して特別な内・外装の装備や、パノラマモニター、右側パワースライドドアなどの安全、安心装備、快適装備を採用しながら、買い得のある価格設定になっています。

X“VS SAⅢ”では、メーカーオプションのブラックインテリアパックに加えて、上質なセンタークラスターやドアアームレスト、 自発光式大型3眼センターメーターなどの内装アイテムと、 LEDヘッドランプ、専用アルミホイールが特別装備され、さらに高い質感を実現。

また、カスタムX“トップエディションVS SAⅢ”、カスタムRS“トップエディションVS SAⅢ”には、フロントグリルLEDイルミネーションと専用アルミホイールが特別装備され、堂々としたエクステリアになっています。

さらに、特別仕様車「VSシリーズ」3種類すべてに新色「レーザーブルークリスタルシャイン」が用意されています。タント/タントカスタムの「VSシリーズ」の価格帯は、1,485,000円〜1,819,800円です。

(塚田勝弘)

『ダイハツ』の最新記事

ダイハツから後付けのペダル踏み間違い加速抑制「つくつく防止 」が発売開始。2代目タント用は取付工賃込み約6万円
8〜9割まで装着率が高まっているダイハツ・スマートアシスト装着車が累計販売台数200万台を突破
【新車】ダイハツ・トールが一部改良。「スマートアシストⅢ」など安全装備を強化し、特別仕様車「リミテッド」を設定
【新車】キュートになったダイハツ・ブーン。第3のデザイン「ブーン スタイル」も新設定

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事