【新車】カタログモデルにはない1.2L直噴ターボエンジンを搭載した「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が登場

2018年11月29日、ワゴンモデルのルノー メガーヌ ツアラーに限定車の「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が設定されました。

4代目の新型ルノー メガーヌは走りの良さが身上で、「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」には、ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーのカタログモデルにはない高効率でパワフルな1.2L直噴ターボエンジンを搭載し、内・外装ともに上質感を高めたとしています。

外観はクロームモールやガーニッシュ、内装はシルバートリム、ベロア生地とレザー調素材のコンフォートシート、ナパレザーステアリング、新デザインの18インチアロイホイールなどにより、ダイナミックなデザインと上質感が付加されています。

さらに、5種類の走行モードを備え(GTグレードは4種類)、エコモードを選択すると、アクセルを踏んでいない時にエンジンブレーキの利きを抑制し、走行距離を伸ばすことで燃料消費を抑えるコースティング的な「フリーホイール」機能を搭載。

エマージェンシーブレーキサポートや車線逸脱警報、後側方車両検知警報、車間距離警報などからなる先進安全装備は、ルノー メガーヌGTと同様に、12個のセンサーと2つのカメラ、ミリ波レーダーで車両の周囲360°の情報を解析し、各種運転支援機能を作動させる内容になっています。

限定台数30台となる「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」の価格は3,129,000円で、ボディカラーは新色の「ブルーベルリンメタリック」となっています。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

【東京オートサロン2019】ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?
ルノー・ジャポンとショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」がコラボした特別なカングー
ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦
【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう
【新車】フォーカルの最上位オーディオシステムを搭載した限定車「ルノー トゥインゴ テンポ」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事