【スバル・XV Advance試乗】待った甲斐があった! 先代のXVハイブリッドより進化したポイント「3つのS」とは?

筆者は先代のスバルXVハイブリッドのオーナーでした。2Lガソリンエンジン+モーターのe-ボクサーを搭載した新型フォレスターに試乗したとき、このユニットを搭載したXVは登場しないのかなと心待ちにしていました。なぜかというと、フォレスターは駐車場の都合により入らないからです。

そして、2018年10月11日、スバルXVの一部改良と同時にe-ボクサーを搭載した新グレード「アドバンス」を追加し、10月19日より販売開始しました。

今回その「XV アドバンス」に試乗することができました。

XVはボディサイズを全幅1800mm、全高1550mmと設定。都心に多く存在する立体駐車場に対応したパッケージングを実現したコンパクトサイズのSUV。

スバル独自のシンメトリカルAWD、悪路走破性を高める電子デバイスのX-モード。そして200mmというロードクリアランスにより、国産コンパクトSUVの中でトップレベルの走行性能を実現しています。

新たに追加されたグレードのアドバンスは最高出力107kW(145ps)を発生する2L水平対向4気筒自然吸気エンジンと10kW(13.6ps)を発生するモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの“e-ボクサー”を搭載。先代からは2Lエンジンの直噴化やハイブリッドシステムのバッテリーをリチウムイオンに変更するなど様々な改良が加えられています。

アドバンスには専用の内外装の装備が用意されています。まず外観では専用のLEDヘッドランプをはじめ、LEDフォグランプ、フロントグリル、フロントバンパーガード。そしてローマウントタイプのルーフレールを用意。さらに、瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラーの「ラグーンブルー・パール」をイメージカラーに採用しています。

インテリアはアドバンス専用のマルチインフォメーションディスプレイ付メーター、マットブルー金属調のインパネ加飾パネル。ブルーな内装用のシート。オプションで設定されている本革シートもネイビー/ライトグレーのツートーンカラーを採用。さらに、シートやハンドル、シフトレバーなどにブルーステッチを施し、クールなイメージを演出しています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事