【ジープラングラー試乗】ボディは2種、エンジンも2種用意。来春には強力なモデルも登場予定

11年ぶりにモデルチェンジを果たしたジープのヘビーデューティモデルであるラングラー。日本に輸入されるモデルは2タイプのボディと2種のエンジンを組み合わせたものとなっています。

まずボディタイプですが、ロングとショートの2種あります。ロングは全長が4870mm、ホイールベースが3010mm。ショートは全長が4320mm、ホイールベースが2460mmとなります。

全幅はすべて1895mmとかなり広め、全高はショートが1825mm、ロングは1840mmおよび1845mmとなります。

エンジンはV6の3.6リットル(284馬力)と直4の2リットルターボ(272馬力)が用意されますが、ショートはV6のみを搭載しますので、組み合わせとしては3種となり、3.6のショートがスポーツ、2.0ターボのロングがアンリミテッド・スポーツ、3.6のロングがアンリミテッド・サハラというグレードになります。

現在、アンリミテッド・サハラは発売初期ということで「アンリミテッド・サハラ・ローンチエディション」となっています。

サスペンションは前後ともにコイル式の5リンクリジッドでストロークを稼いでいます。駆動方式はパートタイム式の4WDで、後輪駆動の2WD、ハイギヤード4WD、ローギヤード4WDの3つの走行モードを持ちます。ミッションはすべて8速のATです。

現状はこの3タイプのみの販売ですが、来春にはクロスカントリー性能をアップした「ルビコン」というグレードが追加される予定です。

(文/写真・諸星陽一)

【関連記事】

【ジープラングラー試乗】11年ぶりのモデルチェンジで、ジープはSUVとなったのか?
https://clicccar.com/2018/10/27/644522/

『ジープ』の最新記事
ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン
圧倒的な悪路走破性や存在感が自慢のジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコンに限定車の「リーコン」を設定【新車】
ジープ・ラングラー
ミリタリーテイストあふれる専用アクセサリーを装備したジープ・ラングラーの限定車「フリーダム・エディション」が200台限定で登場【新車】
ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲードに特別色の「スレートブルー・パールコート」と19インチホイールを履く特別仕様車が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事