【新車】ジャガーXEが2019年モデルの受注がスタート。限定グレードと新グレードを追加設定

ジャガーXEの2019年モデルの受注が2018年10月25日から開始されています。目玉は新グレードの追加です。2019年モデル限定グレードになる「LANDMARK EDITION」と新グレード「300 SPORT」の2グレードが新たに追加され、全17グレード展開になります。

また、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」などのスマホ連携によるコネクティビティ機能が全車に標準装備され、使い勝手が高まっています。

2019年モデル限定グレードの「LANDMARK EDITION」は、フロントグリルやウィンドウサラウンド、サイドベント、ミラーキャップなどエクステリアの随所にグロスブラックを採用。

一方の内装には、「パーフォレイテッドグレインレザーシート」やメッシュアルミフィニッシャー、「LANDMARK」のロゴが配された専用トレッドプレートなどにより質感の向上が図られています。

新グレードの「300 SPORT」は、2.0Lの直列4気筒「INGENIUM(インジニウム)ガソリンターボの最高出力を300psにまで引き上げたスポーティモデル。フロントグリルサラウンドやウィンドウサラウンド、サイドベント&シル、ミラーキャップなどにダークサテングレーが採用され、外観デザインが引き立てられています。

内装には、スタイリッシュなイエローのステッチが施され、「300 SPORT」専用ロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配されています。

ジャガーXEのエンジンラインナップは、2.0Lの4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力132kw/180ps・最大トルク430Nm)、3種類の2.0L 4気筒INGENIUMガソリンエンジン(最高出力147kw/200ps・最大トルク320Nm、最高出力184kw/250ps・最大トルク365Nm、最高出力221kw/300ps・最大トルク400Nm)に加え、3.0LのV型6気筒スーパーチャージャー(最高出力280kw/380ps・最大トルク450Nm)の計5種類が用意されています。

価格帯は、2.0Lの直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンが4,660,000円〜7,380,000円。3.0LのV型6気筒ガソリンを積む「XE S 3.0L P380」が8,540,000円。2.0Lの直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン搭載仕様が5,340,000円〜6,600,000円です。

(塚田勝弘)

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

Formula EのサポートレースもやっぱりEVによるワンメイクレース
「ベイビー・ジャガー」E-PACEは雪上でも頼れる安心感を披露【ジャガー・ランドローバー雪上試乗会】
【新車】2019年モデルのジャガー・E-PACEは人工知能を備えた「スマート・セッティング」を新設定
【新車】ジャガー・F-PACEが2019年モデルにスイッチ。550ps/680Nmを誇る「SVR」を追加
【新車】ジャガー初のピュアEV・I-PACEが、ユーロNCAPで最高評価の5つ星を獲得

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事