【新型アルピーヌA110試乗】ミッドシップレイアウトらしい切れ味の鋭さと圧倒的な加速フィール、高い快適性が魅力

「先代」のオリジナルモデルが鋼管フレーム(バックボーン型)にRR(リヤエンジン・リヤドライブ)という駆動方式を採用していたのに対し、新星アルピーヌの新型A110(エーワンテン)は、アルミボディのミッドシップエンジンに生まれ変わり、エンジニアリング的には別モノに生まれ変わっています。

また、デザインも先代へのオマージュを感じさせながらも、歩行者保護を含む衝突安全性能をクリアした要件が盛り込まれるなど、求められる技術要素は、初代A110と新星A110とでは自ずと違っています。

『アルピーヌ』の最新記事
60〜70年代に人気を集めたソリッドのイエローをまとう「アルピーヌ A110 カラーエディション 2020」が期間限定で登場
エレガントな外観と快適な走りが特徴の「アルピーヌ A110 リネージGT」が30台限定で登場【新車】
アルピーヌ A110
2タイプのアルピーヌ A110限定車がフランス本国で披露! 春から秋にかけて日本導入が決定【新車】
A110S
パキパキ過ぎず普段使いもOKなアルピーヌA110Sに、大井貴之のLOVE度急増!
アルピーヌ スポーツX_010
えっ、アルピーヌA110をリフトアップ? スキーにも行けるオフロード仕様「スポーツX」初公開!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事