【新車】フォーカルの最上位オーディオシステムを搭載した限定車「ルノー トゥインゴ テンポ」

AセグメントでRR(リヤエンジン・リヤドライブ)というレイアウトを採用するルノー トゥインゴは、現在の日本のラインナップで最も売れているルノー車だそう。

10月18日から150台限定で発売されている「ルノー トゥインゴ テンポ」は、0.9Lターボエンジンに、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の「6速EDC」が組み合わされる「インテンス」がベース。

あちこちからミュージシャンたちが奏でる音楽が聞こえてくるパリの街を歩いているかのように、上質な音楽とともにドライブを楽しむための限定車という位置づけです。

注目のオーディオシステムは、フランスのオーディオメーカーであるフォーカル社の最上位システム「Focal Music Premium」。ツイーター、サブウーファーを含む5スピーカーで構成され、迫力ある重低音から艶やかな中・高音域まで、臨場感あふれる音質を実現しているそう。

ボディカラーは、トゥインゴ初採用となる「ノワール エトワール メタリック(黒)」と「ブラン クリ スタル(白)」の2色を用意。ボディサイドにはシルバーの専用サイドストライプが配され、伸びやかな印象が増しています。

そのほか、前席シートヒーター付レザー調×ファブリックコンビシート、プライバシーガラス、LDW(車線逸脱警報)などにより快適なドライブをサポート。150台の限定販売の「ルノー トゥインゴ テンポ」の価格は、「インテンス」から5万円高となる199万円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

【東京オートサロン2019】ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?
【新車】カタログモデルにはない1.2L直噴ターボエンジンを搭載した「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が登場
ルノー・ジャポンとショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」がコラボした特別なカングー
ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦
【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事