【Nissan GT-R50 by Italdesign】約1億1700万円〜の世界限定50台の日産GT-Rを「NISSAN CROSSING」で期間限定公開

日産がデザインを担当し、イタルデザインが開発や設計、製造を手がける「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、7月12日に英国チェスターで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において世界初公開されてました。

以来、米国のラグナセカではメディアに試乗させるなど、プロトタイプでありながら、ディテールを除き概ね市販前提といえるスタイリング、コンセプトに欧州や米国で大きな反響を集めているそう。

去る9月23日、代官山T-SITEで初公開された「Nissan GT-R50 by Italdesign」。日産自動車として初公開されたのは10月15日で、銀座にある「NISSAN CROSSING」で11月25日まで展示されています。

同コンセプトカーの展示に先立ち、プレス向けにプレゼンテーションを行ったのは、日産の専務執行役員でグローバルデザイン担当のAlfonso Albaisa (アルフォンソ アルバイサ)氏。同コンセプトカーのデザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパ、日産デザインアメリカを手がけ、開発、設計、製造はイタルデザインが担当。

『日産自動車』の最新記事

働くクルマだからこそ冬場の運転も快適に。日産・NV200バネット バンに「クイックヒーターパック」が新設定
「Nissan GT-R50 by Italdesign」の市販モデルは、ボディカラーの組み合わせと内装色の選択が可能
【新車】新型「NISSAN LEAF NISMO RC」が初披露。ツインモーターと新開発4WDを搭載し、240kW/640Nmを発揮!
日産がフォーミュラEのドライバーを発表。高星明誠選手がリザーブドライバーに。
EVを住宅や事業所、電力網とつなぎ、バッテリーの二次利用も推進する「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」を発表

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事