【新車】ジープ・コンパスに最上級グレードベースの限定車「ブラックルーフ・エディション」を設定

現行ジープ・コンパスは、FFとオンデマンド式4WDを設定する都市型SUV。全長4400×全幅1810×全高1640mmというコンパクトサイズが特徴で、先代よりもスタイリッシュになったフロントマスクが印象的です。

10月20日から190台限定で発売される「Compass Limited Black Roof Edition(ブラックルーフ・エディション)」は、最上級グレードの「Limited(リミテッド)」がベース。

バイキセノンヘッドライトのほか、充実の安全装備、そして4WDによる高い悪路走破性を特徴とするこうした「リミテッド」の魅力に加えて、ブラックペイントルーフを組み合わせることでよりスタイリッシュなエクステリアに変身。

ボディカラーには、人気色の「ヴォーカルホワイト」のほか、通常モデルでは設定のない「グレーマグネシオメタリック」を設定。内装も初採用の「メッシュクロス/レザーのコンビネーションシート」を装着することで、限定車らしい個性が付加されています。

搭載されるパワーユニットは、2.4Lの「マルチエア」と呼ばれる直列4気筒16バルブエンジンで、9ATとの組み合わせ。価格は4,130,000円です。

(塚田勝弘)

『ジープ』の最新記事

【新車】ジープ・レネゲードに高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」と安全装備も充実した「ロンジチュード」を追加
【新車】ジープ・ラングラー最強のオフロード性能を備えた「アンリミテッド・ルビコン」が5,886,000円で登場
【新車】ジープ・グランドチェロキーに人気の「トレイルホーク」が100台限定で設定
【新車】5,733,720円で「ジープ・ラングラー アンリミテッド・サハラ 2.0L」を新設定
【新車】「ジープ・レネゲード」がマイナーチェンジ。洗練された外観デザインに一新し、高出力で高効率の新1.3Lエンジンを搭載

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事