電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表

パイオニアは、カーエレクトロニクスメーカーとしてのノウハウを活かしたという車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表しました。発売は11月から。価格はオープンプライスで、実勢価格は7000円前後(税別)です。

車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」は、対応スマホが増えているワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応するほか、スマホをワンタッチで脱着できる電動ホールド機構などの先進機能を搭載。

さらに、スリップ防止パッドや落下防止パーツなどの安全装備も備えているほか、車両のダッシュボード上やエアコン吹き出し口にスマホを固定できる2種類のアタッチメントも同梱されています。

ほかにも、車内や車外で使えるmicroUSB Type-Cケーブル、Quick Charge 3.0対応シガーソケット用USBチャージャー(2系統)も用意されています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

SDA-SC500(パイオニア株式会社)
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/system_up/accessory/sda-sc500/

『パイオニア』の最新記事

車内でスマホ・アプリを安全、便利に使える2DINユニット、パイオニア「FH-8500DVS」
ヘッドレストが取り外せない輸入車や「凹型形状シート」にも取付可能な後席用モニターがパイオニアから発売
パイオニアがスマートフォンリンクの機能を強化。「Amazon Alexa」「ドライビングサポートアイ」に対応
パイオニアがBMWとMINIに対応した専用スピーカーを発売
約30車種に対応する「カロッツェリア サウンドチューニングキット」の車種専用パッケージ「インカーチューニングマット」1種類を発売

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事