電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表

パイオニアは、カーエレクトロニクスメーカーとしてのノウハウを活かしたという車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表しました。発売は11月から。価格はオープンプライスで、実勢価格は7000円前後(税別)です。

車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」は、対応スマホが増えているワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応するほか、スマホをワンタッチで脱着できる電動ホールド機構などの先進機能を搭載。

さらに、スリップ防止パッドや落下防止パーツなどの安全装備も備えているほか、車両のダッシュボード上やエアコン吹き出し口にスマホを固定できる2種類のアタッチメントも同梱されています。

ほかにも、車内や車外で使えるmicroUSB Type-Cケーブル、Quick Charge 3.0対応シガーソケット用USBチャージャー(2系統)も用意されています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

SDA-SC500(パイオニア株式会社)
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/system_up/accessory/sda-sc500/

『パイオニア』の最新記事

スマートフォンとのリンクを強化。パイオニアから「スマートフォンリンク」対応モデルなどのメインユニットが発売
純正スピーカーの音質を手軽に向上できるハイレゾ音源再生に対応したカロッツェリアのチューンアップトゥイーターが発売
パイオニアからマツダ車専用を含むコンパクトなデジタルプロセッサー2モデルが登場
パイオニアがフルHD録画対応と専用偏光フィルターを搭載したドライブレコーダー5機種を発売
シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事