新型ホンダ・インサイトは「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載し、ミドルサイズセダンとして復活

最近のホンダはシビック、CR-Vと日本市場に「復活組」の新型車を投入しています。サイズやデザインなどは先代から大きく変わっているものの、名の通った車名ですので、旧型のオーナーも含めて「売りやすい」という事情もあるかもしれません。

その流れに沿って(?)インサイトの名も復活します。2018年冬に発売が予定されている新型ハイブリッド車「INSIGHT(インサイト)」が同社のホームページで公開されました。

新型インサイトは先代とはコンセプトを変えて登場します。1999年登場の初代は、クーペルックの3ドアハッチバック。まだまだ多くのモデルが現役で活躍している2009年登場の2代目は5人乗りの5ドアハッチバック。もちろん、ハイブリッド専用車でした。

3代目の新型はクルマとしての基本価値を磨き、走りやデザイン、安全性能など全方位、上質を追求したミドルセダンとして登場することになります。

新型インサイトのパワートレーンは、2モーターならではの力強く滑らかな加速を実現するハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」が1.5L DOHC i-VTECエンジンとの組み合わせで登場。もちろん、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準装備されます。

さらに、日本仕様の装備としてフロントグリルが専用デザインとされたほか、トランクスポイラーを追加。独自のチューニングが施されるという走りも注目で、走りやスタイルなどに対して要求の高い日本市場にマッチするように仕上げられているそうですから楽しみです。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

ホンダ・インサイト ティザーサイト
https://www.honda.co.jp/INSIGHT/new/

『ホンダ』の最新記事

ホンダの250馬力船外機「BF250」、タイヤや燃料タンク無しで価格241万円は高い?安い?
ボディカラーは何を選ぶ?多彩なモノトーン、2トーンが揃う【新型ホンダN-WGN先行公開】
【新型ホンダN-WGN先行公開】ホンダ軽初の渋滞追従機能付ACCで日産デイズ/eKワゴンとガチンコ勝負
ホンダドリームの新店舗が駒沢・徳島・小山にオープン。試乗車の充実ぶりがうれしい!
【新車】貴重な国産5ナンバーワゴンのホンダ・シャトルがマイナーチェンジ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事