【新車】新型アルピーヌA110に2グレードが新設定。9月21日に発表

日本に上陸した新型アルピーヌA110は、50台限定のローンチエディションの抽選販売から販売開始しました。今回、9月21日に「ピュア」「リネージ」の2グレードを発表することを明らかにしました。

「ピュア」は、FUCHS製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)、アルミ製ハブ(フロント/リヤ)、鋳鉄製の320mm ベンチレーテッドディスクをはじめ、スポーツエキゾースト、パーキングセンサー(フロント/リヤ)+リヤカメラ、Sabelt 製軽量モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)などを装備。

ボディカラーは「ブルー アルピーヌメタリック」「ブラン イリゼメタリック」「ブラン グラシエ」の3色。

「リネージ」は、18インチのアルミホイールがブラックになり、Sabelt製スポーツシート(ブラウンレザー)を用意。アルミ製ハブ(フロント/リヤ)など、ほかの主な装備は「ピュア」と同じになるようです。

ボディカラーは「ブルー アルピーヌメタリック」、「グリ トネールメタリック」の2色展開です。

【主要諸元】

●ステアリング位置:左/右
●全長×全幅×全高:4,205mm×1,800mm×1,250mm
●ホイールベース:2,420mm
●車両重量:1.110kg(ピュア)/1,130kg(リネージ)
●エンジン:1.798cc・ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
●最高出力:185kW(252ps)/6,000rpm
●最大トルク:320Nm(32.6kgm)/2,000rpm
●トランスミッション:電子制御7速AT(7DCT)

※上記の写真は、すべて日本導入時点のレセプションでの車両です。

(塚田勝弘)