いつでもカッコつけられるスクーター「ランブレッタ V125」はスクーターなのに気分は高級車だった vol.2

今最も注目されている外車スクーターと言っても過言ではないランブレッタ。前回はスタイリングを紹介しました。

今回は試乗インプレッション。結構キャラ強めのバイクなんです!

スクーターって何かと実用性が重視される乗り物ですが、ランブレッタはあくまでカッコいいという前提があって実用性がついてきた感じ。

普通に走っているだけで何故か自然と高級感があるんです。これはランブレッタ独特の雰囲気かも?

ただの移動でも不思議とカッコつけられる。友達と話していても「125のスクーター乗ってるんだよね〜」よりも「ランブレッタってバイク乗ってるんだよね〜」と言いたくなっちゃう、みたいな……

これって自分が思ってるだけじゃなくて乗ってる姿を見た他人からも「普通のスクーターじゃない」というのが伝わるからこそ成立するものだと思います。

乗り味面ではスタンダードなスクーターとしての一面も持ちながら、エンジンのフィーリングは結構元気なランブレッタ。

信号から発進するときもエンジンは結構上の回転まで上の回転まで回ります。決して超速い、というわけではありませんが、40〜50kmくらいまでの加速は125クラスから頭ひとつ抜けてます

「グォーー!!」と元気よく回るのに対し、スロットルを開ける以外のコントロールは特に必要ないので、「乗せられてる感」が少なく自らバイクを操ってるダイレクト感が強く伝わってきました。

足回りが豪華なのも魅力の一つ。フラつきも少ないし、多少無茶しても全然許容範囲。割とガッシリした乗り味で安定性も抜群です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事