【ホンダ・N-VAN ターボ&NA試乗】ピラーレスにより大開口を実現しつつ、運転席の乗り心地は良好

ホンダN-VANのターボとNAに試乗しました。FF乗用ベースで軽バンを作るとこんなにも静かで快適な運転環境が構築できるんだなあ、と感心しました。

エンジンをフロント前端に搭載したN-VANでは広大な荷室空間が生まれました。とりわけ高さ方向にビッグで荷室高は1365mmもあります。

これは先代にあたるバモス ホビオ プロ(ハイルーフの4ナンバー車)の荷室高1180mmに対して実に185mmもアップしています。

荷室は広いだけでなくアクセスのしやすさも自慢です。助手席側のBピラーを取り去ったことでサイドに大きな開口部を設けました。

同じく極限まで大開口としたバックドアと併せて巨大な荷物の2方向から荷物の出し入れが可能になりました。側面衝突時の安全性確保のため、ドアのピラーには軽自動車としては初めて1.5GPa級の超高張力鋼板を採用しています。

エンジンはN-BOXと同系列のS07Bです。NAとターボの両方が用意されます。

変速機はCVTのほかNAには6速マニュアルトランスミッションも設定されています。N-BOX用のS07Bエンジンは吸気にVTEC機構が付いていますが、このN-VANではコスト面の配慮からこの可変バルブタイミング&リフトは採用を見送られています。

S07BのVTECは高回転領域で効果を発揮するものですので、高速クルージングをしない限りN-VANが動力性能で絶対的に劣るということではないそうです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事