日産がNV350キャラバン、NV200バネットのキャンパー仕様を「東京キャンピングカーショー 2018」に出展

キャンピングカー仕様車を積極的にイベントに出展している日産自動車。「東京キャンピングカーショー 2018」にNV350キャラバン、NV200バネットを出展すると発表しました。

2017年12月に、ワイドボディに4WDを追加したNV350キャラバンは、「NV350キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」が参考出展されます。

キャンピングカーショーでお馴染みになりつつある「NV350キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」は、ワイド幅/ハイルーフ車がベース。ピュアEVの日産リーフで培われたEV技術を活用するとともに、パワーサプライテクノロジー製の大容量(8kWh)のリチウムイオンバッテリーシステムが搭載されています。

これにより、エアコンや電子レンジ、テレビなどの電化製品を使用することが可能になり、これまでにない快適でスマートな新しいキャンピングスタイルを提案。

もう1台の「NV200バネット マルチベッドワゴン」は、5人乗りワゴン/2WDをベースに、ゆったり乗車できる快適性を維持しながら、車中泊やアウトドアレジャーに対応する仕様になっています。左右跳ね上げ式のベッドシステム、撥水性に優れたロンリューム加工を施したフロアパネルの採用などが見どころです。

「東京キャンピングカーショー 2018」は7月21日(土)、22日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催されます。

(塚田勝弘)