英ロールス・ロイス社が2020年代前半に「空飛ぶタクシー」を実用化する?

英ロールス・ロイス社が、2020年代前半を目標に5人乗りの「EVTOL」(電動垂直離着陸機)による「空飛ぶタクシー」の実用化を目指しているそうです(最高速度:約400km/h、航続距離:約800km)。

報道によると、空港の既存インフラで充電可能で、ヘリコプターのように垂直に離着陸し、一定の高度に達すると主翼の4基のプロペラが折り畳まれ、尾翼に設けられた2基のプロペラで飛行するそうです。

昨年には米配車大手のウーバー・テクノロジーズ社がNASAと提携、「空飛ぶタクシー」の実用化計画(~2023年)を発表しており、仏エアバス社においても開発を進めている模様。

ロールス・ロイスでは今後、様々な企業と協業で実用化を目指すそうで、この分野で中心的な存在になりたいとしており、将来的には空港まで出向かなくても、スマホ等で垂直離着陸がウリの「空飛ぶタクシー」を呼んで、渋滞知らずの遠距離移動が実現するかもしれません。

Avanti Yasunori・画像:Rolls-Royce)

【関連記事】

ホンダが小型ビジネスジェット機「ホンダ ジェット」の国内販売を開始
https://clicccar.com/2018/06/07/597299/

ホンダがフランスの運航会社から「ホンダジェット」16機を一括受注!
https://clicccar.com/2018/02/10/557750/

オランダ製の「空飛ぶクルマ」がジュネーブモーターショーで公開。気になるお値段は?
https://clicccar.com/2018/02/04/556195/

空飛ぶドローンEV、イタルデザインとエアバス社「Pop.Up」公開
https://clicccar.com/2017/03/14/454112/

【関連リンク】

ロールスロイス
https://www.rolls-roycemotorcars.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事