トヨタ「オーリス」がフルモデルチェンジで「カローラスポーツ」になったワケは?

トヨタ自動車が6月26日、TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなシルエットを実現した新型車「カローラスポーツ」を発売しました。

新型カローラは1966年に誕生した初代から数えて12代目となり、プリウスやC‐HRでお馴染みの1.8Lエンジン+モーターのHV仕様と、オーリスに搭載されていた1.2L直噴ターボエンジン仕様の2タイプを用意。HV仕様では34.2km/Lの低燃費と走りの楽しさを両立、ターボ仕様では幅広い回転域で力強く伸びのある加速フィーリングを実現しています。

また今年8月には、半クラッチやギア合わせを気にせず、マニュアル運転を楽しめる「iMT」(インテリジェント・マニュアル・トランスミッション)仕様が発売される予定。

サスペンションには新開発のダンパーを採用。世界各国の道を約100万km走ってチューニングを重ねたそうで、オイルや構成部品の組み合わせを約600パターンもテストしたとか。

このように、走りの面でも大いに期待できそうな「カローラ スポーツ」ですが、興味深いのは同車の車名が仕向け先によって異なっている点。


欧州で元々人気が高い「トヨタ オーリス」は後継モデルについても同車名ですが、逆に今一つ販売が振るわない日本向けは「オーリス」 → 「カローラ スポーツ」へ、米国向けについても「カローラiM」 → 「カローラ ハッチバック」へと、それぞれ今回のモデルチェンジを機に車名を変更しています。

その背景には、せっかく良い商品を開発したのだから、これまでの販売状況から脱し、より多くの受注を得たいとするトヨタの期待が透けて見えるようです。

Avanti Yasunori・画像:Avanti/TOYOTA)

【関連記事】

トヨタが初代「コネクティッドカー」、新型クラウンとカローラスポーツを同時発売!
https://clicccar.com/2018/06/27/603506/

トヨタ・カローラ ハッチバックが6月26日にお披露目。車両価格は210.6万円〜?
https://clicccar.com/2018/05/31/594908/

トヨタ自動車が6月26日、新型クラウン/カローラを全国7会場で同時発表へ
https://clicccar.com/2018/05/25/592893/

新型トヨタ「カローラ ハッチバック」に先進運転支援システム「ADAS」搭載
https://clicccar.com/2018/05/04/586458/

国内発売が迫るトヨタ「カローラ ハッチバック」にホットモデルが存在?
https://clicccar.com/2018/05/02/585742/

【関連リンク】

トヨタ カローラ スポーツ(日本)
https://toyota.jp/corollasport/

トヨタ カローラ ハッチバック(米国)
https://www.toyota.com/upcoming-vehicles/corollahb/

トヨタ オーリス(欧州)
https://www.toyota-europe.com/new-cars/auris/auris-2019

『トヨタ・カローラ』の最新記事

トヨタが新型「カローラ セダン」を広州モーターショーでワールドプレミア!
【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事