新型クラウンに搭載される「LINEマイカーアカウント」対応「T-Connectナビ」

新型クラウン、カローラ・スポーツの両モデルは、「コネクティッドサービス」を搭載し「初代コネクティッドカー」を謳っています。

サービスや技術面では、MIRAIやプリウスPHV、レクサス各モデルにも搭載されているものもありますが、より販売ボリュームが望める車種に設定されている点と、機能強化が図られたオペレーターサービスとエージェント(クラウン)、そしてLINEマイカーアカウントなどの注目装備が加わるのがポイントです。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。