最新が最良!? 常に進化を続ける、マツダのおすすめ最新車種【2018年版】

魂動デザインとディーゼルエンジンを武器に快進撃を続けているマツダ。そのほかにも、新開発の技術を販売中のモデルに即座に導入するのも魅力です。

絶え間なく進化することは、裏を返せば「いつ、どのクルマを買えばいいのか?」を見極める必要があるということでもあります。そこで今が旬のマツダ車をピックアップしました。

▪アテンザ

まずは18年5月に改良モデルが発表されたばかりの「アテンザ」です。内外装の若干の手直しといったレベルではなく、特にインテリアはデザインを新たに作り直すほどの進化を遂げています。

最上級グレードの「Lパッケージ」にはウルトラスエードヌーや本杢といった素材を新採用するなど、フルモデルチェンジに匹敵するレベルの改良が施されました。

そのほかにも、パワートレーンは気筒休止技術を追加した「SKYACTIV-G 2.5」と急速多段燃焼技術を採用した「SKYACTIV-D 2.2」という、いずれも最新のユニットへと換装。前後サスペンションの構造やタイヤまで改良の手が及んでいます。

ちなみに安全装備では「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」に全車速対応の追従機能を付加するとともに、夜間における歩行者認識精度の向上や「アダプティブ・LED・ヘッドライト」のLEDブロックを20分割に細分化など機能を拡充。

フラッグシップらしくマツダの粋が集まった一台であるとともに、これからのマツダ車の進化を指し示す一台に仕上がっています。

▪CX-8

もう一台がSUVの「CX-8」です。内外装の質感もさることながら、ポイントは3列目シートを備える点です。これにより最大で7名の乗車が可能となっています。

また、2列目が完全にセパレートされた仕様も注目。 ゆったりと座れるだけでなく、シートヒーターなどの快適装備も充実しています。

パワートレーンはディーゼルの「SKYACTIV-D 2.2」のみ。安全装備は最新の「アテンザ」と比べると機能が不足していますが、全車速追従機能付きのクルーズコントロールなどは搭載されています(一部グレードはオプション)。

(今 総一郎)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事