【ダイハツ・アトレーワゴン試乗】スマアシⅢなどの装備で安全装備はタントと互角。魅力が増した「イジれる醍醐味」

2005年5月に販売開始された軽1BOXのダイハツ・アトレーワゴン。ダイハツ・ミラが生産終了となり、ホンダ・バモスがN-VANに世代交代。そしてスズキ・ジムニーが7月にフルモデルチェンジを行うことで、最も長く販売されているモデルとなります。

ロングセラーモデルのアトレーワゴンですが、2017年11月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更と同時に安全装備をアップデートするなど進化しています。今回このマイナーチェンジしたアトレーワゴンに試乗しました。

アトレーワゴンは広い荷室空間をもつ軽商用車のハイゼットカーゴをベースに、利便性の高い装備を装着し、日常生活やビジネスからレジャーまで幅広い用途に合わせて使用できる軽乗用車です。

今回のマイナーチェンジで、アトレーワゴンは新意匠のメッキフロントグリルを採用。切れ長のメッキフードガーニッシュによりワイド感を表現。加えて、ピアノ調加飾とのコントラストで上質感を演出しています。

視認性と省電力性に優れたLEDヘッドランプ、LEDフォグランプを設定。LEDフォグランプにはサイド方向へ流れる2本のメッキ加飾を装着し、フードガーニッシュとの一体感を強めています。リアコンビネーションランプの意匠を変更するとともに、LEDテール&ストップランプを採用。またリアライセンスガーニッシュの意匠を変更し、上質さを表現しています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事