駆け抜ける歓びをもっと身近に。BMWのおすすめ最新車種TOP3【2018年版】

「駆け抜ける歓び」でお馴染みのBMW。プレミアムブランドであることから車両価格も高いと思っているかもしれませんが、コンパクトカーの「1シリーズ」を筆頭に、リーズナブルなモデルが徐々に増えているのをご存知でしょうか?

▪X2

2018年4月に、ついに日本上陸を果たした「X2」。すでに販売中の「X1」と多くを共有しているためスタイルはSUVであるものの、1535mmと低めの全高や流麗なボディラインによって「X1」よりもスポーティ路線が強め。

それを感じさせるのが「X2」で新たに設定されたグレード「MスポーツX」。エクストリームスポーツにインスパイアされた仕様で、バンパーやサイドにフローズングレーの加飾を施すことでアグレッシブな雰囲気が強調されています。車両本体価格は1.5L 直3ターボ+7速DCTを搭載する「sDrive18i」が436万円。

▪X1

初代モデルは、後輪駆動による走りの良さや全高を抑えることで機械式立体駐車場にも遠慮なく入れることを訴えていましたが、現行モデルでは実用性重視の方向へシフト。前輪駆動用のプラットフォームへ全面刷新したことで居住空間と荷室を拡大させました。とはいえ、ドライバー側へ若干傾けたコックピットやドライバーの要求に忠実に反応するパワートレーンなどがもたらすドライブへの高揚感は健在。

価格は最も手頃な「sDrive18i」(1.5L直3ターボ+7速DCT)で417万円。

▪1シリーズ

2004年に登場した初代モデルから一貫して後輪駆動(FR)を採用して走りの良さもアピールしてきた「1シリーズ」。2代目となる現行型でも後輪駆動および50対50の前後重量配分や、針の穴に糸を通すかのような繊細な車体の反応は健在であり、実用性が求められるハッチバックでありながらもドライブの楽しさが濃厚に感じられるユニークな存在です。

価格は最もリーズナブルな「118i」で317万円。また、3.0L 直6ターボを搭載する「M140i」という走りを際立たせた仕様も注目。340ps/500Nmを誇り、コンパクトなボディをわずか4.6秒で100km/hまで加速させます。

(今 総一郎)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事