【新車】7人乗りSUV「ディスカバリー」の2018年モデルを4月2日から受注開始。さらに充実化された装備をチェック

7人乗りの5代目ランドローバー・ディスカバリーが2018年モデルにスイッチし、4月2日から受注を開始しています。同モデルは、7人乗車を可能にしながらリヤシートを折りたたむと最大2,406L(通常時は258リッター)もの大容量スペースが出現。ファミリーにも対応する3列シートSUVです。

2018年モデルのトピックスは、コネクティビティを中心とした装備の充実化。最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化、車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定が可能な「リモートプレミアム」などを用意しています。また、スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」などが標準装備されています。

電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイも2018年モデルから標準装備されます。さらに、走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)、快適な車内空間を提供する「ナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付エアコン)」をオプション装備に追加。

搭載されるエンジンは、3.0L V6スーパーチャージャー(340PS/450Nm)、3.0LのV6ディーゼルターボ(258PS/600Nm)の2つ。

もちろん、ディスカバリーに相応しい高い悪路走破性が確保されています。たとえば、過酷なオフロード走行にも対応し、速度や路面状況に応じて車高を調整するクロスリンク式電子制御エアサスペンションシステム、滑りやすい路面や下り坂でもステアリング操作のみで一定速度で低速走行ができる「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」やヒルディセントコントロール、最大渡河水深900mmを誇る「ウェイド・センシング」など多彩な装備が用意されています。

ボディカラーは「フジホワイト」、「ナルヴィックブラック」、「ユーロンホワイト」、「サントリーニブラック」、「コリスグレイ」、「インダスシルバー」、「ロワールブルー」、「バイロンブルー」、「ナミブオレンジ」、「シリコンシルバー」、「ファラロンブラック」、「カルパチアングレイ」の全12色。

価格はガソリンエンジンの「DISCOVERY HSE 3.0L P340」が8,197,000円、「DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L P340」が9,217,000円。ディーゼルエンジン搭載モデルの「DISCOVERY HSE 3.0L D258」が8,397,000円、「DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L D258」が9,417,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。