【デトロイトショー2018】日産のコンセプトカーは4+2座席のデイリーSUV

日産自動車は2018年の北米自動車ショー(通称:デトロイトショー)において、6人乗りのSUVコンセプト「Xmotion(クロスモーション)」を世界初披露しています。

『毎日運転することができ、且つ国立公園やレクリエーションエリアのようなあらゆる場所に行くことができる、機能性が高く、デイリーユースなSUVを目指した』コンセプトカーです。

2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しているという「Xmotion」が表現しているのは、伝統的な日本の熟練技と最新テクノロジーといった異なる価値、時代、次元の融合。静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフといった相反する要素を両立させることが狙いです。

エクステリアで特徴的なのは、日産のデザインアイコンでもあるVモーショングリルとブーメランヘッドランプ。

Vモーショングリルは、より力強さを感じられますが、日本建築にインスピレーションを得た、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュが新しい表現ということです。

ブーメランヘッドランプは鋼の剣を思わせるシャープなラインが特徴。ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が統合されています。

さらに、リアコンビランプは、日本の伝統的木工「組子」のディテールやパズルからインスパイアされたもの。ホログラム技術による錯覚を利用しているのもユニークなアイデアです。

ロングホイールベースと、四隅にタイヤを配したことでキャビンスペースも余裕たっぷり。その中には、新しいライフスタイルを予感させる「4 + 2」のレイアウトが構築されています。

フル乗車でも積載性を確保するために、収納式の「ルーフトップボックス」が搭載されているのも注目のアイデア。ここには、さまざまなバッグやレクリエーションツールを積めるだけでなく、走行時の空力性能も考慮した優れたデザインになっているのもポイントです。

(山本晋也)

『日産自動車』の最新記事
日産・ノートに人気オプション装備を特別装備した「Vセレクション」を設定【新車】
日産 セレナ オーテック
セレナ「AUTECH」がマイナーチェンジ。ドットパターンを強調させたフロントグリルに変身し、上質なインテリアを演出【新車】
日産のスポーティコンパクト「ノート NISMO」の特別仕様車「ノート NISMO Black Limited」が11月に発売【新車】
日産ヘリテージ01
週末は日産グローバル本社ギャラリーで日産の歴史に触れよう。特別展示「NISSAN HERITAGE WEEKEND MUSEUM」が開催中
日産の西川社長
日産西川社長が辞任を発表。いったいどんな悪いことをしたのか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事