【5万円バイクを直して乗る】激安バイクでユーザー車検にチャレンジ!しかし様々な問題点が…

先日ご紹介した5万円バイクvol.2となるSR400。オークションで仕入れてきた激安車両です。車検を取るため、早速作業に取り掛かったんですが、今になって色々と問題が浮き出てきました…。

今回はユーザー車検にチャレンジ。バイク屋さんにお願いして車検をとってもらうのではなく、自分で陸運局に行って車検を取る方法。

この場合正確には「取る」と言うより「受ける」事になります。

自分で検査上のレーンに並び、バイクが車検適合状態なのか、いくつかの検査を受けて大丈夫なら車検が取得できます。ちょっと面倒だけどバイク屋さんに頼むよりはちょっと安く済む車検取得方法です。

5万円SRが車検で引っかかりそうなところは結構多め。

まず、ハンドルの横幅が長すぎてNG。車検書に記載してある数値内に収めなければいけないんですが、記載が76cmで測定値は90cm弱。このままじゃ確実に落ちてしまうのでハンドルは要交換。

お次はタイヤ。この手のバイクを買ったらほぼ確実に交換しておくべきパーツですが、案の定強烈なヒビ割れ状態…。

シートにはタンデムベルトが無く、他に掴まれそうなところもないので恐らくアウト…。この状態でも違反ではありませんが、構造変更して一人乗りにしないとSRの場合車検は通らないでしょう…。

フロントフェンダーが無いのもNG。これは中古を買ってくるか、適当に代わりを作るかして装着しないとダメですね。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事