【新車】マイナーチェンジしたトヨタ・アルファード/ヴェルファイアは、走りも安全も抜かり無し!

2017年12月にマイナーチェンジを行ったアルファード/ヴェルファイア。新時代の高級車に相応しい走行性能と安全性能を手に入れました。

搭載されているパワートレインは2.5L直4ガソリンエンジン、3.5LV6ガソリンエンジン。そして2.5L直4エンジン+モーターのハイブリッドシステムの3種類です。大きく仕様が変わったのが3.5LV6エンジンです。

トヨタブランドとして初採用となる2GR-FKS型3.5LV6エンジンは、トヨタ独自の燃料噴射システムD-4Sを搭載し、最高出力301psと従来型より21ps向上。組み合わされるミッションも6速ATから8速ATへと多段化されたことで、燃費性能が従来型の9.5km/Lから10.8km/Lへと向上。3.5L車に乗ってみると、加速性能のスムーズさと静粛性に磨きが掛かっていることが確認できました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事