新型ホンダ・シビックの詳細が先行公開。気になるハッチバックの詳細は?

7月下旬の発表が予定されている新型ホンダ・シビックの3モデル、ハッチバック、セダン、タイプRの詳細がスペシャルホームページで先行公開されました。

新型シビック スペシャルページでは、3モデルのカラーラインアップやサイズ、主要装備のほか、全国の展示イベントや試乗イベントなど、新型シビックシリーズに関する情報が公開されており、通常のホームページよりは情報は限られているようですが、それでもティザーサイトとしては異例といえる充実ぶり。

いまからボディタイプやボディカラー、内装色などを吟味するには十分といえる内容になっています。

シビック・ハッチバックは、全長4520×全幅1800×全高1435mmというボディサイズ。

エンジンは1.5Lの直噴ターボを搭載し、トランスミッションはCVTのほか、6MTも設定されています。最高出力は182ps/5500(6000)rpm、最大トルク240Nm/1900−5000rpm(220N・m/1700−5500rpm)。

※()内はCVT。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リヤは独立マルチリンク式となっています。

装備では、「ホンダ・センシング」をはじめ、アジャイルハンドリングアシスト、ポップアップフードシステム、オートブレーキホールド機能などを搭載。さらに、ハッチバック専用装備として、18インチアルミホイール+235/40R18 95Yタイヤ、テールゲートスポイラー、センターデュアルエキゾースト、カーゴエリアカバー、プライバシーガラス(リヤドア/テールゲート)などが用意されます。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

新型ホンダ・シビック スペシャルページ
http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。