フェラーリ初のモデル・125 Sが聖地を疾走する創業70周年記念動画を配信

70年前の1947年3月12日、イタリアのスポーツカーブランド・フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリは、自身の名を冠した初めてのモデルとなった125 Sのエンジンに火を入れ、マラネッロ周辺道路を使ってのテストドライブを行いました。この瞬間まさにフェラーリの歴史がスタートしたのであり、3月12日はフェラーリの創業日なのです。

その「70周年」を象徴するモデルとして、ラ・フェラーリ アペルタが2016年のパリサロンですでに発表されていますが、フェラーリの歴史がスタートしてちょうど70年を迎えた2017年3月12日。フェラーリは70周年記念のイベントを発表しました。

ラ・フェラーリ アペルタはフェラーリ初の市販ハイブリッドカーであるラ・フェラーリのオープンモデルで、6.3LV12エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム全体で963psというパワーを叩き出します。0-100km/h加速は3秒以下、最高速度は時速350km以上というハイスペックを誇り、価格は4億円以上と言われているスーパーカーです。

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!