プチ贅沢を楽しむ、年収500万円からのクルマ選び【2017年版】

前回の「これぞB級グルメ!? 年収300万円からのクルマ選び【2017年版】」に続き、年収別にオススメのクルマをピックアップしていくシリーズ。今回は年収500万円の場合ご紹介。

価格の安さに加えて質感へのこだわりもテーマとなってきますが、まさにそういったクルマは激戦区のひとつ。メルセデス・ベンツやBMWといったプレミアムブランドにはあと一歩手が届きませんが、それらにも匹敵するほどの質感を誇るモデルが登場してきています。

■マツダ・CX-5

p1j13766l

おそらく国内の自動車メーカーのなかで、最もブランド戦略に心血を注いでいるのはマツダでしょう。ダイナミックな魂動デザインと人馬一体の走りを追求するスカイアクティブテクノロジーを徐々に浸透させ、見事に「マツダ」ならではクルマを確立しました。その最新作がSUVの「CX-5」です。

SUVらしい逞しさを演出する一方で、無駄を削ぎ落として洗練された美を実現したボディは、ハイライトとシェードを際立たせた新色ソウルレッドクリスタルメタリックと相まって、良いモノ感は誰の目にも明らか。室内に入れば、体幹を支えるシートをはじめ、あらゆる操作系が人間の感覚にピタリとはまるように設計されたコックピットが乗員にくつろぎをもたらします。

走りに関しては、「マツダ」のアイコンでもあるディーゼルエンジンを踏襲。そのほかには、ステアリング操作からエンジンの駆動トルクを細かく変化させて滑らかな挙動へ自然と誘うG-ベクタリングコントロールなど、最新技術が惜しげもなく搭載されています。

■トヨタ・C-HR

chr1612_04_s

狙ったのはデザインと走り。開発者自身が語るように、C-HRは見る人や乗る人の感覚に訴えかける魅力を追求した一台。とくに目を引くデザインでは、鋭い眼力を放つフロントマスクのほか、ボディサイドには彫りが深いラインがズバーッと引かれており、非常に個性的。

とはいえ、ユニークな見た目とは裏腹にシャシーとパワートレーンはハイブリッドカーの代名詞である「プリウス」から踏襲するなど真面目な側面も。ただし、その走りは欧州で10万kmを走り込んで徹底的に鍛え上げられています。また、パワートレーンはハイブリッドに加えて、1.2L直4ターボもラインナップ。1500~4000rpmという幅広い領域で185Nmを発揮します。

■スバル・XV

subaru-xv-teaser

3月7日に開催されるジュネーブ国際モーターショーでの出展を予定している新型「XV」。

先代と同じく「インプレッサ」をベースとし、2016年のジュネーブ国際モーターショーで発表されたコンセプトモデルではフロントマスクをはじめとしたデザインには同年に発表された新型「インプレッサ」のエッセンスが織り込まれていました。

また、プラットフォームも「インプレッサ」で初採用されたスバル・グローバル・プラットフォームが採用されるとのこと。なお、3月9日から国内先行予約が開始されます。

(今 総一郎)

【関連記事】

これぞB級グルメ!? 年収300万円からのクルマ選び【2017年版】
https://clicccar.com/2017/02/05/442799/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事