【東京オートサロン2017】トヨタ系の新型SUPER GT GT300車両が続々発表!

1月13日、東京オートサロン2017の中でSUPER GTに参戦する2種類の新型車両のお披露目が行われました。

005

レクサスブースでは、全く新しいレクサスRC F GT3が発表されました。

GT3カテゴリーのマシンは、日本ではSUPER GTのGT300クラス、スーパー耐久のST-Xクラスに参戦できるうえに、中国やマレーシア、タイなどを転戦するGT ASIA、ヨーロッパではブランパンシリーズや各国のGT選手権にも参戦可能で、レーシングカーとしてのマーケットはかなり大きいといえます。

004

今回発表されたレクサスRC F GT3は、これまでのバージョンアップではなく、2016シーズンまで60号車としてSUPER GTのGT300クラスに参戦していたレクサスRC F GT3とも全く別物だということです。外装だけ見てもフェンダー、ボンネット、バンパーなど全く違う造形になっていることがわかります。

000

そして埼玉トヨペットから発表されたのがマークX MC。

001

マークX MCはトヨタ86、ロータスエヴォーラに続く3車種目のマザーシャーシマシン。

昨年の夏ごろから噂レベルで話題となっていましたが、結局は86になるんじゃないのか?とか、オートサロンで発表があるとは言っても本当にマークXで出てくるのかどうかはアンベールまでわからない、とまで言われていました。

マザーシャーシでの車両開発はそれだけシビアなものなので、全く新しい車種ともなれば半信半疑となるのも仕方ないことです。そういった意味では、実際の注目度はレクサスRC F GT3よりもこちらのほうが大きかったのではないでしょうか。

002

マークX MCの発表では参戦発表も行われました。ドライバーは2011年のSUPER GT、GT300クラスでチャンピオンとなったこともある番場 琢選手。そしてパートナーは埼玉トヨペットの走りの専務こと平沼貴之さん。

003

番場選手と平沼さんはスーパー耐久のST-3クラスでマークXをともにドライブするパートナーでもあり、息はぴったり。

SUPER GT開幕ではかなりの話題になることでしょう。

(写真・文:松永和浩)

 

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。