【東京オートサロン2017】ブリッド&エディルブは合計4タイプの新作バケットシートを発表

レース仕様の本格的フルバケットシートからリクライニングも可能なストリート用のコンフォートモデルまで幅広いシートをラインアップしているブリッド。東京オートサロンのブースでは、ブリッドとプレミアムブランドのエディルブは4種類の新製品を発表しました。

003

ブリッドの新製品は2月1日に販売開始する「ストリームス」と「ストリームス・クルーズ」、そして「ZETA III PLUS タイプXL」。エディルブは「エディルブ131」と「エディルブ045」です。それでは各モデルを見てみましょう。

ブリッドのストリームス、ストリームス・クルーズは人間工学に基づいた体に優しいメディカルコンフォートモデル。人間工学デザインを追求した新しいデザインを採用し、シートの面で体を支えることで衝撃を分散し、ドライバーの疲労を軽減します。

490mmというスリムなショルダー幅のため、ほとんどの車種に干渉なく装着できるのも魅力。さらにシート背面にはA4サイズの入るポケットを装備し、オプションでシートヒーター搭載モデルも選べるなど高い利便性を誇ります。

005 006

参考出品のZETA III PLUS タイプXLは、ビッグサイズフルバケットシートHANSデバイス対応モデルです。フルバケットシートの中で最も基本となるZETAの高身長対応モデルのZETA III タイプLを約30mmワイド化し、クラッシュ時の頭部や頸部保護のために需要が高まっているHANSデバイスの装着に最適化したのが、今回のZETA III PLUS タイプXLです。現在、車検対応そしてFIA規格を取得できるように開発しています。

001 004

エディルブ131は、シート表皮にプロテインレザーと高級スウェード調生地を採用したHANSデバイス対応フルバケットシート。HANSデバイスに対応するため、ベルトホールやヘッドレスト形状を最適化しています。保安基準適合するだけでなく、FIA規格取得を目指して開発中とのこと。

一方のエディルブ045は、フルバケット並の高性能リクライニングシートのエディルブ023/033のワイドモデルです。大柄なドライバー向けに開発されていますが、ショルダー幅は抑えた設計により多くの車種に取り付け可能です。スタンダードクッションの045、ロークッションの055を保安基準適合目指して開発中です。

バケットシートというとサーキット走行向けなどを考えがちですが、ドライバーの体をしっかりと支えてくれるシートでもあります。シートを交換することで疲れづらいだけでなく、正確な操作にも大きく貢献してくれます。購入した中古車などでシートがくたびれているとしたら、高いホールド性を誇るバケットシートの装着を検討してみてはいかがでしょうか。

(萩原文博)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事