スズキはスイフト・レーサーRS、イグニス・モトクロッサー・スタイルなどを出展【東京オートサロン2017】

2017年の東京オートサロンのスズキブースでは、デビューしたばかりの新型スイフトをベースとしたスイフト・レーサーRSが最も注目を集めそうです。

新型にはまだスイフト・スポーツが設定されていませんが、いずれ投入されるはずで、そのヒントになる要素が用意されているか気になるところ。

im0000004190

スイフト・レーサーRSは、新型スイフトの高い走行性能や、運転する楽しさをイメージしたモデルで、二輪の「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」に参戦する「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のカラーリングが施されたトリトンブルーのボディカラーに、専用シートや17インチアルミホイールなどを装備。ブルーとイエローのスポーティなコーディネイトが目を惹きます。