シトロエンC4の乗り心地に惚れた!? ─ 注目のCセグメント・ディーゼル車3モデルを比較

VWゴルフがベンチマークとなる、欧州Cセグメントに属するマツダアクセラスポーツ、シトロエンC4、BMW1シリーズにディーゼルエンジンが追加設定され、注目が高まっています。

c4%e8%b5%b0%e3%82%8a

マツダアクセラスポーツが2016年7月14日にマイナーチェンジを行い、従来の2.2Lに加えて、デミオに搭載されている1.5Lディーゼルエンジンを追加設定しました。一方の輸入車ブランドでは、いち早くクリーンディーゼルエンジンを導入したBMWが、2016年5月21日にエントリーモデルとなる1シリーズに新世代直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した118dを追加しました。

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88 %e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2118d%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88 118d%e3%83%aa%e3%82%a2

さらに2016年7月12日にプジョー、シトロエン、DS AUTOMOBILESの3ブランドを展開しているPSAグループがディーゼル車導入を発表。シトロエンブランドの中核となるC4のディーゼルエンジンを搭載するフィールブルーHDiは輸入車ディーゼル車の最安価格となる279万円という戦略的な価格設定で登場しています。

c4%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88 c4%e3%83%aa%e3%82%a2

それでは注目のCセグメントのディーゼル車3モデルをボディサイズや価格など様々な面で比較してみましょう。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事