トヨタが個人間カーシェアリングを仲介するベンチャー企業に10億円出資!

個人間のカーシェアで先行する米国では、賃料収入を見込んで新車を購入する動きも出ていることから、同事業が新車の需要喚起に繋がるとして、ゲットアラウンド社を後押しすることにしたものとみられます。

新聞報道によると、トヨタは車両借用時にスマートフォンでキーの開閉などができる車載機器を開発済みで、年内にも米国で通信可能なトヨタ車ユーザーを対象に実証試験を始める計画としています。

トヨタは今年5月、ライドシェア(相乗り)世界大手の米Uber(ウーバー)社とも提携するなど、カーシェアリング事業への参入に積極的な動きをみせています。

その背景には、自動運転普及に伴い、無人タクシーの登場が予想されることから、カーシェア事業を通して予め足掛かりを構築しておきたいとの思惑があるようです。

Avanti Yasunori・画像:Getaround、Uber)

【関連記事】

京都市がFCV・ミライを活用したカーシェアリング事業をスタート!
https://clicccar.com/2016/08/17/393190/

日本国内のカーシェアリング会員数が前年比24%の大幅増
https://clicccar.com/2016/06/28/382004/

トヨタ自動車が「ライドシェア」のUber社に戦略的出資!
https://clicccar.com/2016/05/25/373938/

国家戦略特区プロジェクト「自動運転タクシー」実証開始!
https://clicccar.com/2016/03/14/358394/

カーシェアリング拡大!カーシェア先進国スイスとの共通点とは?
https://clicccar.com/2013/04/24/218541/

【関連リンク】

Getaround
https://www.getaround.com/


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事