プリウスに港町・横浜をイメージした「キタムラ仕様」登場!

神奈川トヨタと、お洒落で上品なバッグメーカー「キタムラ」がコラボレーションし、女性を意識した特別仕様車「横濱プリウス」、ニックネーム「濱プリ」を開発しているそうです。

TOYOTA_KITAMURA

神奈川トヨタ(1939年〜)とキタムラ(1882年〜)はともに横浜生まれ、横浜育ち。

両社は自動車とファッションという異業種でありながら、地域貢献などの分野でパートナーシップを築いており、今回のコラボレーションに至ったそうです。

「濱プリ」は新型プリウスをベースに専用装備を施したカスタムモデルで、神奈川トヨタが培ってきたクルマづくりのノウハウと、キタムラの全てにこだわった上質な商品づくりを活かした一台となっています。

TOYOTA_KITAMURA

同車の内外装は「港町横浜」をクルーズするイメージを表現。白と青を基調とした爽やかなデザインを採用しています。

専用ボディサイドデカール、専用カラードホイールキャップを装備しており、インテリアにも専用シート表皮、専用革製ステアリングホイールなどを採用。

さらに「濱プリ」限定デザインのハンドバッグ型革製キーケースや、車内での転がり防止に配慮したショルダーバッグ、プリウスのコンソールトレイにフィットする革製コインケースなどを併せて提供する予定とのこと。

KITAMURA

「濱プリ」の発売は12月上旬を予定しているそうで、発売に先駆け、そごう横浜店3階のシーガルコートで10月10日まで一般公開されています。

興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

Avanti Yasunori・画像:神奈川トヨタ)

【関連リンク】

神奈川トヨタ
http://www.kanagawatoyota.com/

KITAMURA
http://www.motomachi-kitamura.com/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。