3代目カローラが「顔」でグレードが分かりやすかったワケは?【Corolla Stories 16/50】

1974年に誕生した3代目カローラ(カローラ30)ですが、デビュー初期のエンジンラインナップは1200㏄、1400㏄、1600ccの3タイプが設定されていました。

ベーシックな1200㏄も人気だったのですが、3代目の初期モデルはフロントフェイスを見ただけで、1200㏄か1400&1600ccかをすぐに見分けることができたのをご存知ですか。

大開口グリルを採用し、立体形状の目立つボンネット上には大きめのエアインテークをレイアウトしたのが1400&1600cc。

740000_corolla_3rd_1_ll

そして、1200㏄のグリルはセンターのカローラエンブレムを中心に左右二分割デザインのものを採用していました。

740000_corolla_3rd_catalog_2

エアインテークが控えめなボンネットは1400&1600ccに比べると平面な印象が目立っているデザインを採用していたのです。

また上級グレードの1200 SLと1400SLはそれぞれにSLバッジがつき、

740000_corolla_3rd_catalog_13

1600 GSLは、GSLのバッジがついていたので、

740000_corolla_3rd_4_ll

かなりグレードを区別することができたのです。

現在ではグレードの違いで外観を変えているパターンは少なくなっていますが、当時はよりハイグレードなクルマにお金を払ってもらっていることを明確にさせていただのでしょう。クルマを所有するだけでステータスがあった時代、ひとつ上のグレードを所有することも細かくオーナーに満足感を与えることができた時代ともいえるでしょう。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

【関連リンク】

001

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

collora1-20160920183524

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

collora2-20161004174631

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

bnr


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています