168個のLEDを使う新型メルセデスベンツEクラスの最新マルチビームLEDヘッドライトとは?

メルセデス・ベンツは、最上級サルーンのSクラスに限らず最新モデルが登場するたびに最先端のヘッドライトを投入してきました。

Mercedes_Benz_E_Class_10

2009年に登場したW212型のEクラスには、「アダプティブハイビームアシスト(IHC)」、2013年登場の現行Sクラスには、幻惑防止が加わった「IHC+」、2014年のCLSクラスには幻惑防止+LEDハイビーム(LED24個)の最新ヘッドライトを採用するといった具合。